横井ケーブ

現在、ジャングルの状況が悪いため、しばらくの間、このコースは休業させて頂きます。大変申し訳ございません。ご了承お願い致します。

太平洋戦争後、28年間、グアム島のジャングルの中で孤独と餓えと恐怖の過酷な状況と戦い、強鞭な精神力で生き抜いた旧日本陸軍、軍曹横井庄一さんが暮らしていたホラ穴はタロフォフォ(南部)の奥深いジャングルの中にあるため、今まで訪れる人も無く、土に埋まって幻のケーブとなっています。このままではジャングルの闇の中で永遠に忘れ去られる運命にあります。何とかこの貴重な歴史的財産を保存し、多くの人々に語り継いで行こうと考え、この度、念願叶ってトレッキングツアーを開催する事が出来るようになりました。

ツアー内容
オフロード車で南方に向かい、タロフォフォのジャングルの中を進んで、川の手前で下車します。そこから、ジャングルの中や、草原や、赤土の上をトレッキングして、最後に竹やぶに潜むホラ穴に到着します。横井さんのサバイバル生活を知ると共に、知られざるグアムの自然と歴史を体験するアドベンチャーツアーです。このコースは発見当日、横井庄一さんがジャングルから28年ぶりに現代社会に連れて来られた時と同じ足跡をたどります。
今まで観光客の皆様が足を踏み入れた事の無いグアムの秘境です。


所要時間
約8時間 /難度:中上級(往復約10kmのトレッキング)
持ち物・服装 帽子、リュックサック、トレッキングシューズ又はスニーカー等、クロックスは不可、長ズボン又はレギンスとTシャツ(肌の弱い方は長袖、汚れても濡れても良い服)、汗拭きタオル、着替えのTシャツとサンダルを車の中において置く事をお勧め致します。
リュックサックは1人1個、必ずお持ち下さい。(片掛けのリュックサックは不可)
無い人は無料貸し出しをしております。事前にお知らせ下さい。
備考 天候等により催行出来ない事もあります。

往路 復路
08:30頃 ホテル発(車) 13:00 横井ケーブ発
09:30 タロフォフォ村着 15:00 タロフォフォ村着
10:00 トレッキング開始 16:00頃 ホテル着
12:00 横井ケーブ着
昼食、休憩
(参加者人数により1時間くらい前後する事もあります)