オーナープロフィール

オーナーの探検家が本を発行しました
本文より
「都会にいると夢も希望も無くなるが、グアムにいると今まで眠っていた原始的野生能力が飛び起きて、一にも二にも”ジャングルジャングル”状態になってしまう。グアムでやりたい事はたくさんあるが、まずは初志貫徹、「横井ケーブ プロジェクト」を完遂したい。戦後すでに60年が経ち、戦跡も人の記憶も朽ち果てて行くばかり、何とか横井ケーブを再建したいものである。」
南の島に憧れて 題名:「南の島に憧れて」グアム島移住編
著者:安部三博
出版社:牧歌舎、星雲社
価格:1080円(税込み)
購入先:日本全国書店、
インターネット(アマゾン楽天ブック
目次
p4 移住地はハワイかグアムか
p16 グアム島上陸
p20 家探しとルームメート
p27 本物の横井ケーブはどこに
p32 新職業は探検家
p41 幻の横井ケーブへ
p49 発見の日
p71 超大型台風「ポンサンワ」の悲劇
p86 横井ケーブプロジェクト
p103 グアムの作物
p109 椰子ガニ

この本は偽物の横井ケーブを暴いています。
この事実を知ってほしくない人がアマゾンのカスタマーレビューで星★1つの最悪な本と書いています。是非この本で事実を知って頂きたいと思います。
オーナーのプロフィール&探検歴

特徴: 原始人に似てる。文明の利器に弱い。生卵を立てる事が出来る。4つの名前を持つ4重人格。
嫌いな場所: 都会、人ごみ、病院
好きな場所: 山、ジャングル、海、無人島、
趣味: 探検、ヨット、料理、旅、テニス、茶道(裏千家)、武道、柔道初段、居合道4段(英信流)、柔剣道4段

探検歴等:
1972年 奄美大島郡 沖永良部島、洞窟探検(八つ墓村のたたりのロケ地)
1973年~ 島探検とダイビング(沖縄諸島、奄美諸島、伊豆諸島、小笠原諸島、タヒチ、モーレア)
1980年 日本代表でハワイ パンナムヨットレースに参加(故 石原裕次郎さんが応援に来てくれました)
1988年 オーストラリア、自転車で一周の旅(シドニー発、2ヵ月後、栄養失調になりケアンズで断念)
1989年 アメリカ上陸、放浪の旅とフロリダのカヌー探検、川と湖とエバーグレーズ(世界一の湿地帯)
1998年 プエルトリコ、バージンアイランド、セントトーマス島、(島探検とトレッキング)
1999年 ハワイ、カウアイ島(ナパリバレー、トレッキング)
1999年 オアフ、マウイ、モロカイ、ハワイ島(移住地を求めて探し回る)
2000年 グアム島上陸
2001年 フロンティアツアー、トレッキング開催
2002年 横井ケーブ発見
2005年 グアム島海岸線一周踏破(一部米軍基地と断崖絶壁を除く)
2007年 世界で初めエベレスト登頂に成功した女性、田部井淳子さんとそのご一行様とラムラム山へ登りました。
2008年 遺跡、戦跡、温泉探索続行中
2011年 フロンティアツアー、グアムトレッキング10周年記念企画(9月5日(月))パガットケーブへご案内。
2013年 本物の横井ケーブを保存するため、名古屋の横井庄一氏の家を訪問(6月22日(土))、
奥様の美保子様に現在の横井ケーブの様子を報告する
2014年 グアム発信のマガジン「Island Time」に探検家として掲載されました。
2014年 元AKBの大島優子さんをパガットケーブにご案内しました。(9月20日、日本テレビ、ウーマンオンザプラネットで放送)